急騰癖のある銘柄を損失を出さないで売買する方法

現物取引だけで損を少なくして利益を出し易くする方法はいくつかありますが、その中でもお勧めの方法は、急騰銘柄を底値で買うことになります。

IRや業績などで急騰してS高になる銘柄がありますが、そのような銘柄は過去にも急騰してS高になったりすることが何回かあるものです。

基本業績が良くて今後更に期待が持てそうな業務内容の銘柄であれば、そういう急騰する癖を持っている銘柄を探して、買い候補として複数ストックしておきます。

そして、その銘柄が底値付近で横這っているときに買っておいて、数週間から数ヵ月後に急騰したときに売り抜けることで利益を上げることができます。

買い候補の探し方は、75日線チャートなどの長いチャートを見て、暫く横這った後に急騰してその後に下落することを繰り返していて、チャートの山が幾つか出来ている銘柄があれば買い候補にします。

そして、その買い候補の山の間隔の期間と、横這っているときの株価を把握します。

過去の横這う株価はいつも同じかも知れないですし、その都度変化することもあるので、銘柄毎にここなら買っても大丈夫だと思える株価をある程度の幅を持たせて決めておき、その価格帯に株価が来れば出来高が少なくなって売買している人が減っていると感じられるようになったときにその銘柄を買い、急騰するときを待ちます。

急騰時は銘柄によって癖があり、急騰したその日にピークを付けて大きく下げてしまうパターンと、数日上げ続けて大きく跳ねた後に大きく下落するパターン、そして、急騰を続けた後にピークを数日維持した後に下げていくパターンなどがあるので、過去のチャートの動きを見てどのようパターンなのかを把握し、そのパターンに合わせて売値を決めておきます。

例えば、ピークが一日しか持たない銘柄はいつ上がるか分からないので、急騰したときのピークまでの上昇率を把握しておいて、毎日その上昇率の少し低い株価のところに売りを入れて、いつ急騰してもいいように待ち構えておきます。

急騰を繰り返した後大きく跳ねて大きく下げていくパターンの場合、前寄りから大きく上げたとき今回の急騰劇の中でも一番の出来高になれば、そこが売るタイミングになります。

ピークを数日維持する場合は、ピーク時の株価の変動範囲に指値を入れて売り抜けます。

最後にこの投資方法で買ってから下げた場合、上場廃止や業績の悪化以外であって、そのうち株価が戻ると判断できるようであれば、ナンピンを行なって基本的に損切りは行ないません。

株式投資は世界の動きを把握することから始まります

株式投資で大きな利益を得るコツは、結論から言いますと世界のマネーの動きが影響されるのではないでしょうか。最近のマネーの流れは新興国ブームから一転しアメリカにマネーが還流しているため、通貨は米国ドルに集中し、株式などもニューヨーク市場に集中しています。

その他の理由には、日本を始め先進諸国は人口減少社会に突入していますが、アメリカは先進国でも数少ない人口増加国のひとつなのです。

先進国の割には、若年層の比率も高く今後も安定的に経済が拡大すると見込まれているため、実は魅力的な投資対象のひとつです。

2008年にアメリカはサブプライムローンが引き金となりリーマンショックが起き、グローバル的な金融危機に発展し、軒並み世界の株価は大暴落しました。

その頃は、株式投資は敬遠されていたのが記憶として残っていますが、そういう時こそ安値で放置されていた株式や外貨を購入した人はやがて大きな財を築くことに。

よって、株式投資のチャンスは皆して買っている時よりも、暴落した時こそ優良銘柄をバーゲンセールで買えたりしますよ。

リーマンショック後安値で放置されていた銘柄は、何と100株で900円台の安値で買おうかなと思っていましたが、当時は外貨投資に着目していたため買えなかったですが、数年後の株価をチェックしたらその当時の10倍上がっていたのでとても驚きました。

投資対象が魅力的なのに、注目されていない時こそ買い場であり、新興国市場でもそのようなケースが現実的に起こりました。

新興国のひとつであるブラジルは、通貨が暴落し価値が減価し続けましたが、何とか危機的な状態を脱し反転に向かっています。総悲観的な状態で、損失覚悟で仕込めた人は為替差益と金利収入の2つの利益が出ているので一安心でしょう。

新興国は、基本的に政情が不安定な状態でありますが、将来的に人口が増加し経済拡大するのは確実視されているため、株式にせよ通貨にせよ安い時こそ買い時なのです。

世界の流れを知るのには、新聞が正に情報の宝庫であり、時間的に余裕があればグローバル経済に関する書籍を読むと、知識が習得されますよ。

短期的な売買だけではない、選べる株式投資の方法

株式投資という言葉を耳にしたことがあっても、実際に始めるのはなかなか難しいのではないでしょうか。
とても簡単に言うと、株式投資とは株式会社が発行している株を売買することで利益を得るということです。
ただ別に毎日売買をしなければいけないというものではありません。

いくつかの例を紹介します。

例えば、長期保有して配当を得るという方法があります。
これはある株を購入しそのまま保有し続けることによって配当(預金でいう利子のようなもの)を得ることです。
もちろん株なので値動きがありますが、値上がりした場合は売却して利益を得てもよし、値下がりした場合はそのまま持ち続けて配当金をもらい続けるということが出来ます。
しばらく使う予定がないある程度まとまった資金がある場合や短期間での売買が苦手という方にいいと思います。

同じような方法で株主優待をねらうといったやり方もあります。
こちらも配当同様株主へのプレゼントを期待して株式を保有し続けるという方法です。
配当は基本的に現金ですが、株主優待はほとんどが現物支給です。
最近では種類が豊富になってきて、金券・割引券・自社商品やカタログギフト等魅力的な優待を用意する企業も増えてきました。
よく利用する企業の商品があれば検討してみるといいのではないでしょうか。

あとは、定期的に一定の金額で株を買い続けるといった方法があります。
「ドルコスト平均法」というとても有名な方法です。
この方法で購入していくと購入金額が一定のため、株価が高い時には株数が少なく株価が低い時にはたくさん買えるということになります。
長く続けていくと購入株単価の平均が比較的抑えられた金額になっていきます。
長期で続けて積み立てていくもよし、ある程度株数がまとまった時に値上がりをねらって売却してもいいと思います。
少額から出来るので、あまり資金が無くても気軽に始めることができます。
自分が気に入っている企業を応援する気持ちで始めてみてもいいかもしれません。

株式投資と言っても始めたらすぐに全財産が無くなってしまうというものではありません。
今や預金金利も低く年金もあまりあてにならなくなっている時代です。
自分自身で資金を増やす方法を考えてみてもいいのではないでしょうか。

株式投資やFXをやる際に一番大切なことについて

近年、低金利政策によって、銀行にお金を預けても預金金利の低さから、お金を増やすことが非常に難しくなっています。

そこで、銀行に預金するぐらいなら、株式投資やFXなどの金融投資をすることでお金を増やそうと考える方もいるのではないでしょうか。

現在、株式投資やFXは、ネット証券会社が増えたことで、気軽に始められます。

FXを始める場合はまずFX会社の口座を開設する必要があります。口座の開設は誰でもできますが、一応審査が必要です。

私も口座開設では一度ほど審査に落ちたことがあります。なんで審査に落ちたかと理由は聞いても教えてもらえないので、こういったことが書かれているのは助かりますね。良さそうなFX会社を見つけても口座が作れなければ意味がないので、事前に予習して無事に口座開設できるようにしておきましょう。

最近口座を開設して、これから本格的に株式投資やFXをやっていこうと考えられている方もいるでしょう。

しかし、そうした投資で利益を上げお金を増やしていくのは簡単なことではありません。

そこで、今回は、株式投資やFXをやるうえで一番大切なことを紹介するので、参考にして下さい。

【損失を少なくすること】

株式投資やFXにおいて、最も大切で重要なのは、損失を少なくすることです。

初心者の方だと、いかに大きな利益を上げるかということに目が行ってしまう方が多いのですが、投資において最も大切なのは、損失をいかに減らし、相場で生き残っていくかということなのです。

初心者のうちは、まずいトレードをして損失を出す可能性は十分あります。そんな時に、損切が遅れ投資金の大半を失うような損失を出してしまうと、相場から退場する羽目になってしまうのです。

誰でも勝てる簡単な相場が目の前にあるのに、投資金が無くて参加できないというのが一番よくないのです。

したがって、初心者のうちは、大きな利益を追求することに注力するのではなく、いかに損失を減らすかという視点に立ってトレードをするようにしましょう。

そうやって経験を積む中で、簡単な相場が来たら、勝負に出るのもアリです。

 

有名投資家のブログやSNSに注目してみよう

有名な大物投資家の方って何人もいますよね。

投資を初めていろいろと調べ始めたら、その人物を知り誰しもが憧れてしまうそんな存在です。自分も投資資金を増やしていって1億稼ぎたい、いつか億り人になりたいなーと夢を与えてくれる人たちでもあります。

そんな有名投資家に普段会えることは、滅多にありません。ですが、SNSやブログでは有名投資家の方たちがつぶやいていたり、売買記録を載せていたりすることがあるのです。

ネットがなかった時代にはまず考えられない光景ですよね。

勝ち続けている人の売買履歴やルール、思考がタイムリーに知れるというのはとても参考になります。

きっと、その鋭い思考力や洞察力に驚き、自分には投資は向いていないんじゃないかと愕然とされることでしょう。

投資のスタイルは、有名な投資家の方であってもさまざまです。

短期売買を中心にしていたり、長期投資のみの人、FXや株取引、先物を主に売買している人やその全部を組み合わせて資産を築いている人などブログやSNSを見ているだけで、かなり投資に詳しくなるのではないでしょうか。

慣れてきたらコメント欄などに質問してみるのもいいかもしれません。なにかひらめきが得られるかも。ですが、傾倒しすぎるのは禁物です。

自分の資金や生活スタイルなどを考慮して、自分で手法を見つけ出さなければ稼ぎ続けるというのは難しいからです。

有名投資家の売買を真似ているだけでは思考が追いつかず、何も得られるものはありません。

あくまでもSNSやブログは参考程度にとどめ、経験と日々勉強で投資に強くなりましょう。